FC2ブログ

MASOINWASH

18禁音声作品製作サークル「MASOINWASH(まぞいんうぉっしゅ)」のブログです

「事務的に性奉仕していたメイドの頬が紅くなった日のお話」

mw007title.jpg

ご購入はこちらから(作品ページ直通)
 dmm002.jpg 


若旦那様の家に仕えるのは、生真面目、几帳面な性格で、与えられた仕事は何でも完璧にこなすメイド。
毎晩の性奉仕だって、これも仕事だからとしっかりとご奉仕します。
でもこのメイド、感情を表に出してくれないのです。
若旦那様を冷たく見下ろす眼鏡の奥のその視線は、いったい何を考えているのか。
冷たい視線で見られれば見られるほどゾクゾクと興奮してしまい、硬くなったおちんちんを激しくいじめられてしまう・・・。
倒錯的な快楽に、あなたは耐えられるでしょうか。


●チャプター1(20:22)
ある夜、メイドが若旦那の部屋に呼ばれていくと、若旦那がオナホールとローションを示し、
これでご奉仕してくれと命令されます。こんなものを密かに通販で買ってたのか・・・と
内心あきれながらも、メイドは命令に従ってご奉仕を始めます。
初めて味わう快楽に身悶える若旦那。それを冷たく見下ろして淡々としごき続けるメイド。
一発では済まず、二発も搾り取られてしまいます。


●チャプター2(15:05)
この日は、足コキでの奉仕を若旦那が命令。
うすうすマゾだとは気付いていたメイドは尋ねます。「若旦那様は、マゾなのですか?」と。
そんなことはないと否定する若旦那。メイドは若旦那のペニスに足を重ね、
「では、試してみましょう」と足コキを始めます。
淡々と紡がれる言葉責めと足コキによって、若旦那はあられもなく乱されていって・・・。


●チャプター3(17:05)
「奉仕してもらう前に告白することがある」と切り出した若旦那。
その口から飛び出したのは、メイドへの恋の告白でした。
いきなり好きだと言われて動揺してしまったメイドも、胸に手を当てて答えます。
「わ、わたくしだって、嫌々ご奉仕していたわけじゃないんですよ」
そして頬を赤く染めたメイドは若旦那の足元にひざまずき、ペニスを口に含みます。
AVを見ながら野菜を使って練習したフェラの技術を若旦那に味わってもらおうと、
メイドは一生懸命ご奉仕を始めます。

総再生時間:52:32

出演:みる☆くるみ
イラスト:なつみゅん♪

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する